酒田罫線法 修得の記録

備忘録@自分用

疎開

家が少ない、人がいない、自然がいっぱい

呼吸が心地良い

 

f:id:stock-trading-note:20210814003056j:plain

f:id:stock-trading-note:20210814004408j:plain

 

 

こうして、自然に囲まれて自然の中で生きていれば、免疫力も自然と上がるんだろうな。私も不思議とキリキリせず、おおらかでいられる。息子も然り。人間は自然の一部なんだなぁ。

 

息子がこの穏やか生活を気に入ってくれて、「中学、転校しても良いよ!」と言ってくれると最高なんだけど。もし、ダメだったら、、、息子には全寮制の高校に行ってもらって、私は引っ越すわ〜。

 

仕事が完全在宅で、パソコンと電話があればどこでもできている。会議もオンラインだし、何も不自由はない。都心から引っ越す人々が増えているのも分かるなあ。

 

 

 

ソフトバンク空売りで入ってみたけれど、すぐに持ち上げられてしまった。あんなに陰線更新中なのに、「入った途端持ち上げられる」のあるある洗礼を受ける。金額の大きさと値動きの激しさにあたふたして、すぐ手仕舞い。運良く少しの利益。背伸びしたと思う。

マネックス空売りにもトライ。どうしても狙ってしまって入れない。場帳を見ながら現物買いの様にスルリと入れない。空売り=現物買いの逆ではない、を痛感。空売り推奨銘柄は場帳とグラフを書きつつ継続して見ていこうと思う。

今までに何度も取引している銘柄の買いに、空売りを加えて、「くるくる」できるようにやってみようと思う。同銘柄で何回転も、を目標に。

 

長らく水浸しになっていた最後の銘柄たちが回復してきたので、一旦手仕舞いした。そして再度押したとろで入り直し。最近上がってきた。ここでまた置いていかれると入れなくなるので、入ろう!入れずチャンスを逃して「アーアー、見てるだけ」にならない様にしたい。猫先生の「試し玉が試し玉になってないじゃないか!」を肝に銘じて、試しで入る。

 

今週、母が脊椎狭窄症の外科手術を受ける予定だった。しかし、コロナの感染拡大で、緊急性のない整形外科の手術は全て取りやめになった。母の手術も取りやめ。今入院中の患者さんを退院させたら、コロナ病棟に切り替えるらしい。医療崩壊が起きている。怪我で病院にかかることも、コロナ以外の病気でも病院にかかれない。思わぬ怪我や事故にも配慮しないと。

 

イベルメクチンを沢山買って備えている💊

 

8698 マネックス 3点セットを揃える 

f:id:stock-trading-note:20210705073426j:image

 

f:id:stock-trading-note:20210705073431j:image

 

 

前回のブログで猫先生からコメントを頂いたので📝

取り急ぎ、週末にマネックスの道具を揃えてみた。

 

月足を見ると、大陰線と下ひげは長く、まだまだ下への余地も勢いもありそう。

折れ線の動きは、激しくてちょっと躊躇しそうになった。でも、ここ最近の上昇と下落の本数を数えると、概ね一定範囲内での動きだと分かる。

場帳も遡って書いてみて、縦に並べてジグザグを見たり。

 

売りもトライしてみようと思う。

月足 7012 川崎重工 1983年〜

f:id:stock-trading-note:20210701213303j:image

 

6月は少し長めの陰線。

 

月足を書くたび、月足の重要性を感じます。

グラフを書くペースを上げて、もっと書きたいな。

 

へたっぴですが、売買記録です。公開するのは勇気が要りますが、自分への戒めも込めて。

 

5202

3/7   -1  584

4/8   1-  600   ○

 

1605

4/13  -1  740

5/19  1-  805 ○

5/28  -1  754

6/4    1-  805 ○

 

7246

4/2    -1   336

5/19  -3   323

6/1    4-  336  ○

 

8622  (5月の高値で売り損ない、水浸しになった)

4/9  -1  311

6/15 -3  303

6/16  4-  308 ○

 

 

他にも水浸しの分がまだあり、、、。

でも、月足を見ると、ろうそくの実体は縮小・下ヒゲも短い、ので、そのまま放置しながら様子見することにします。資金の回転率が落ちるので、横に広げ過ぎに注意して取引しながら、グラフを書いたり、猫動画を見たり、本を読んだりと、道具の整備に注力します。

 

 

10日ほど前に、ワクチン接種券が届いた。息子(12歳)の分も。

捨てる前に一応内容を見てみた。7月中の接種が可能らしい。

 

会社では、職域接種枠に対して接種希望者の方が多い様だ。

2度目の接種後、多くの人が発熱するということで、薬局では鎮痛剤が売り切れ状態だそうだ。副反応の症状など、zoom会議では、ワクチン情報も飛び交う。

 

 

息子の中学では、生徒がオリンピックを観戦できる様にと、教員が現地に視察に行って検討しているらしい。

オリンピック中は、外出したくないな。息苦しい夏になるなぁ。

 

5541 大平洋金属 月足 2003年〜

f:id:stock-trading-note:20210613200311j:image

 

直近月足、1枚に収まる分で書いてみた。

以前は、もっと長期で書いていたけれど、書き上げるのにかなりの時間を要してしまうので、とりあえず、1枚に収まる程度で書いてみている。時間軸が短いけれど、作業時間が随分と短くて済む。直近の値動きを見るには良いかも。足りなければ、再び過去に遡って書くことにして、このペースで他銘柄も書いてみようと思う。

 

 

 

 

梅仕事 🍑

今年も梅の季節がやってきた。嬉しいな。今年は自然栽培の梅をオンラインで5kg買った。

青梅が少し黄色くなって完熟するのを待って、梅酢と梅シロップと梅酒を漬ける。徐々に梅が緑から黄色くなるにつれて家中が完熟梅の甘い良い香りに包まれる。桃みたいな甘い幸せな香り🍑😋なんともほのぼの。生きていて良かったと思える。梅仕事は手間がかかって忙しいけれどほっこり。そんな中で息子と一緒にヘタ取りをする。キレイにヘタが取れると、いちいち喜ぶ息子である。美味しそうな甘い香りがするので、息子は梅をかじってみた。あまりの酸っぱさに、口どころか顔まで曲がって、固まっていた(笑)

今年も穏やかな梅時間に感謝✨

 

f:id:stock-trading-note:20210606140828j:image

 

息子はオンライン授業💻@コロナ予防

息子が3月で卒業した小学校でコロナが出た。

そして、先月、会社の同僚の息子さんが通う幼稚園でも、園児と先生の感染者が出て、幼稚園が封鎖になったという。

小学校でも、幼稚園でも、プライバシー保護のために詳細は公表しないらしい。小学校の子供たちは、他言しないよう学校から口止めされているとのこと。情報を出さないのでは、予防のやりようがない、と思う。

 

4月中旬〜5月中は、息子の中学のクラスでも、体調不良者がいつもポツリポツリ。朝まで元気だったのに、突然ぐったりという感じで急変タイプが多くて、いかにも怪しい感じ。教室の息子の席の周りの友達が次々にお休みになっていったので、念の為、息子は学校に行かず、在宅でオンライン授業を受けていた。

登校せず、オンライン授業も受けない生徒は、あらかじめ配布された決まった課題を提出する。オンライン授業を受けるか否か、各人が自由に選択できる。

家に居ても、朝からいつも通りに制服に着替えて授業を受ける。でも、息子はワイシャツとネクタイだけ着替えて、下はジャージ(笑

うっかり起立した際にカメラに映り込まぬように気をつけていたらしい。

 

学校の給食の時間帯に合わせて、家で昼食を取り、休み時間もクラスメイトとワイワイコミュニケーションを取っていて楽しそうだった。オンライン授業でも、特に不自由を感じていない。 

しばらくオンライン授業で様子を見ていたけれど、体調不良者の数が増加せず、状況が特に悪化していない感じなので、今は通常通り登校している。「安心できる日常」が待ち遠しい。

 

緊急事態宣言中でも学校の運動部は通常通り。区内の運動部の夏季大会もいつも通りに開催されている。運動会も、宿泊学習も通常通り開催される。

感染予防のために、学校を欠席しても欠席扱いにならない。心配な人は、休めば良い、というスタンス。

 

免疫力を落とさぬ様、ストレスケアしなが穏やかにのんきにいこう😃

 

 

リハビリ🏥

以前から、おかしいなぁと思っていた股関節。少しずつ長い時間かけて可動域が狭まっていたんだけど。でも最近何もしなくても痛みが出始めてしまった。急に悪くなった訳じゃないから緊急性を感じないし、と言う感じでまぁ大丈夫だろうなんて思っていたんだけど。痛みが強くなってきたので、整形外科に行ったら、股関節の形状に問題があり、股関節に掛かる負担が大きいらしい。もともと股関節と腰には子供の頃から問題があった。クラシックバレエは腰や股関節など身体に極端に負担がかかる。随分と酷使してきた結果なのかな。もう長年趣味程度だからそこまで無理もしていないつもりだったけど。日頃の癖みたいなものが蓄積されてきちゃったのかな。何事も塩梅が大事なんだと感じている。今はまだ手術のレベルではないらしいけど、加齢とともに悪化した場合、人工関節の手術になる、と言われた。体にメスはなるべく入れたくないな。長い時間をかけて、ここまで悪化してきてしまったということなのだろう。治すのは医者でもなく自分。まずはリハビリに励んでいる。リハビリルームは、高齢者が多い。杖をついたり、車椅子で病院まで来て、頑張ってリハビリしている。普通に生活するのも大変なんだなぁ、とつくづく。健康を失ったら何もならないなぁ。

数年前に母が股関節壊死@原因不明で人工関節置換の手術をした。術後のリハビリは痛みを伴うため、リハビリが思うように進まなかった。コロナがなければ、ヘルプに行けるのだが。辛いけれど自力で乗り切ってもらうしかない。それでも母は、週に一度は、看護師の仕事を続けている。今はしびれと痛みがあり、歩けない日もあるそうだ。でも仕事の日は不思議と動けるらしい。仕事となると、いつもとは別のスイッチが入るのかな?仕事がない日は、料理を作るのも億劫だと母は言う。母は、家族の言うこともアドバイスも全然聞いてくれない。ドクターのことしか聞かないからやり難い。回復どころか悪化している。今は股関節だけじゃなく、腰椎まで問題が出始めている。まだまだ元気で楽しく暮らして欲しい。親孝行もまだまだ終わっていないもの。

 

私と同じリハビリに通っている年配の女性の方で、人工関節の手術を受けてもバレエを継続している方がおられる。お見事な精神力。その方の存在が私にとって大きな励みになっている。

 

アレルギーも悪化している。私の場合は、手指の皮膚に湿疹という形で現れる。痒くてたまらない。塩や酢に手を突っ込みたくなる程だ。我慢できず、掻きむしって出血する。出血すると痒みが痛みに変わって、マシになり、落ち着く。痛みより痒みの方が辛い。指がパンパンに腫れていて曲がらない日が続く。

皮膚科に通っても対処療法で大量のステロイドを処方されるだけ。血液検査をしても即時型のアレルギーは出ない。でも、当時日本では取り扱いのなかった遅延型のアレルギー検査を受けたとき、アレルギーが見つかった。普段普通に食べている食べ物でアレルギーが見つかった。食べても大丈夫な時もあるけれど、弱っている時に食べ続けると、どこかでダムの放水の様に湿疹が溢れ出す。

 

私は、梅雨時期は不調のことがが多い。免疫力が低下してきて、弱る時期なのだろう。でもこうして湿疹が出ると、健康管理を見直している。身体からの赤信号。今までの様子だと、脱砂糖・脱小麦・脱乳製品・脱肉で概ね3ヶ月程度で回復するけど、今回はどうかな?治るまで精進料理を続ける。

 

湿疹が出ても、いつも基本的に元気だけど、コロナもあるし、一度体調もリセットしたいところ。 

 

6月から会社が再び新組織になり、少し楽になってきている。元のチームに戻れたから安堵。無意識にアクセル踏み込みがち。意識してブレーキかけないといけないなぁ。

 

完全社畜。生かさず殺さず。真綿で首を絞められると、気付かないのよ。ジリジリ傷めつけられて、気付けば抜け殻、再起不能みたいにならない様にしなくちゃ。サラリーマン奴隷、恐ろしっ。